もっと早く知りたかった子育ての新常識が満載『「学力」の経済学』

20160303_ono_1.jpg

自分の子育ては果たして正しいのかどうか、迷うことってたくさんありますよね。子どもによって個性も違うし、よかれと思ってしたことが本当にその子のためになっているのかどうか不安だという方も多くいらっしゃるでしょう。そんな子育て期真っ最中の方にシェアしたい一冊があります。

データを用いて教育を経済学的に分析

それは、教育経済学者の中室牧子氏の著書『「学力」の経済学』です。教育経済学とは、教育を経済学の理論や手法を用いて分析することを目的としている応用経済学の一分野。教育経済学では、たったひとりの個人の体験よりも、個人の体験を大量に観察することによって見いだされる規則性に基づいた議論が展開されています。

たとえば、
「ゲームは子どもに悪影響なの?」
「教育にはいつ投資すべきなの?」
「ご褒美で釣るっていけない?」
といった、親であれば誰もが一度は悩む問題に関しても、大量のデータ分析から導きだされた科学的根拠に基づく研究結果が、海外では多数発表されています。

それによると、上記の質問については、
「ゲームをしても悪影響はない(暴力的になららない)」
「教育投資はとにかく子どもが小さいうちに行った方がよい」
「ご褒美で釣ってもよい」
という、世間一般とは正反対の見解が得られているのです。

せっかくなので、ほかにも印象に残った研究結果をいくつかピックアップしてご紹介していきたいと思います。

「テストでよい点を取ればご褒美」と「本を読んだらご褒美」どちらが効果的?

我が家でも、「100点とったら欲しいおもちゃを買ってあげる」という約束、したことがあります。テストなどの"アウトプット"にご褒美をあげるか、本を読むという"インプット"にご褒美をあげるか。どちらの方が学力向上に効果があるのでしょう。

20160303_ono_2.jpg

直感的にはアウトプットのほうがうまくいきそうな感じがしますが、実際、学力テストの結果がよくなったのは、インプットにご褒美を与えられた子どもたちだったのだそう。

その理由は、インプットにご褒美が与えられた場合、子どもにとって何をすべきかは明確ですが、アウトプットにご褒美が与えらた場合、やる気はあってもそのためにどうすれば学力を上げられるのかが自分ではわからないからだといいます。なので、アウトプットにご褒美を与える場合には、どうすれば成績を上げられるのかという方法も一緒に教え、導いてくれる人が必要であると述べられています。

勉強しなさいはエネルギーの無駄遣い

ついつい口から出てしまう「勉強しなさい!」といった声掛けも、実は効果がないことがわかっているそうです。ただ声がけするのではなく、「勉強をとなりで見る」「勉強する時間を決めて守らせる」など親が子どもの勉強のためにいかに時間を費やすかの方が、子どもの勉強時間を増加させる効果が高いのだそう。また、関わるのも、男の子には父親が、女の子には母親が関わるのがよいという結果も。
「共働きだし無理!」と思った方はご心配なく。関わるのは両親でなく、祖父母や兄姉、親戚などの「その他の同居者」でも同様の効果が見込めることも研究で明らかになっているそうです。すごいですね!

ご紹介したのはほんの一例ですが、本では冒頭でご紹介した例も含む、「それ、もっと早く知りたかった!」という目からウロコの新常識が多数紹介されています。「3歳児神話」同様、根拠もなく、精神論的に言い伝えられている間違った常識って結構あるものだな、と改めて思い知らされました。

日本の教育政策の現状にも警笛

また、こうした教育経済学で得られた科学的根拠をもとに国の教育政策も検討されるべきですが、日本では教育経済学的アプローチはあまり浸透していないのが現状なのだそう。

例えば、かねてから議論されている小学校の「少人数制学級」について。日本では、残念ながら実験による効果測定はほとんど行われておらず、信頼できるデータや分析に基づくエビデンスがほとんど示されないまま議論が進められてきているのだとか。

実際、米国で実施された実験では、
「少人数学級は学力を上昇させる因果関係はあるものの、他の政策と比較すると費用対効果は低い」
日本で行われた数少ない研究でも
「少人数学級と学力向上の因果関係は、小学生の国語以外の科目で確認されない」
という結果が出ているのだそう。このように、日本では、将来の担い手を育てる教育という重要な分野において国際水準からかなりかけ離れた議論が行われてしまっているというのを知れるのもおもしろいです。

エビデンスに基づいた教育に関する「知っておかないともったいないこと」が紹介されていますので、機会があったらぜひ手にとってみてはいかがでしょう。

「学力」の経済学
「学力」の経済学
posted with amazlet at 16.03.02
中室 牧子
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015-06-18)
売り上げランキング: 331
オノリナ

Writer オノリナ

合同会社カレイドスタイル代表・リズムーン主宰
女性向けWebメディア編集、フリーランスを経て設立。国内外のネットワークを活かして最適なチームを組みながら、研究機関のサイエンスアウトリーチ支援や、企業オウンドメディアのコンテンツ企画・制作を数多く手がけている。「しなやかに、自分らしく」働き、生きる女性のためのコミュニティ「リズムーン」でイベントやセミナーを不定期に開催しているほか、働く女性のためのコンセプトショップ(2019年春オープン)事業を展開。プライベートでは、3人の子を持つワーキングマザー。趣味は卓球。

オノリナさんの記事一覧はこちら